トラウトゲーム

2017年4月22日 (土)

完成!トラウトマンに捧げます

どうも~工場長です。
GWに間に合うように作ってました、当工房自慢の新製品
Mdlogo
Md2
ヒラリー50MD ミディアムディープ 完成しました!
最終スイム調整も完了しましてスタンバイOKで御座います。

詳細スペック当はオンラインショップにてご確認いただけます。
http://e-shop-azt.ocnk.net/product/537

最新技術と真っ直ぐな職人アナログ技の融合を貴方にも是非。
浮力と圧倒的強度、そして美しさ、趣き、そして価値。
それを全て満たしてくれるかもしれません。プラスαは・・・現物を手にした方のみお楽しみ頂けるかと思われます。

スイミング、ヒラ打ちレスポンス、潜行域、フォール姿勢、様々な部分を実践経験をフィードバックさせた源流アップクロスミノー。
これ以上引き抵抗があると面白くない。
バカみたいにトゥイッチするのはどうなんだ?
ハンドメイドのディープダイバーはリップの強度が懐疑的?

その答えがコイツかも知れませんよ。

是非とも、今季のストリームプラッギングのメインウエポンとしてお使い下さい。

発売は

4月23日(日曜日) 21:00~
当店オンラインショップ http://e-shop-azt.ocnk.net/
商品ページ        http://e-shop-azt.ocnk.net/product/537

にて一斉発売致します。
お時間が合う方はお早めにどうぞ~。

下記にカラーラインナップも掲載しておきます。
お気に入りのアリマスか?スンゴイ塗装やってます。
Color1
Color2
Color3
コレクターの方にもお勧めで~~~す。
お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

hillary50MD

お世話になります、工場長で御座います。
すっかり春も深まって参りました!そして全国的に桜も終わっちゃいましたね~。
北国方はまだまだ春は先でしょうか~。

春と言えば渓流解禁。
初春はやっぱりスプーンとかスピナーとかで静の釣り。
で、これからは随分と水温も上昇してきますのでストリームプラッギングでマッシブに攻めていきましょうね~。

渓流って難しいようですが、良いルアーを使えば嘘みたいにガンガン釣れるんすよ。合ってないルアーだとビックリするほど釣れないとも言いますがw
で、渓流マニアの末端のワタクシが作るミノーなんて如何でしょうか。

昨年リリースしたHillary50ss(シャロースイマー)のミデアムディープバージョンHillary50MDもう直ぐできます。
2
1
全体的なシルエットはSS(シャロースイマー)を継承しております。
だって、あのミノー超絶に・・・・に釣れるしねw
作った自分も惚れ込んで愛用しております。
今回はその類稀なアクションを継承しつつ、より深みを攻略する為に改良を加えました。

ハンドメイドミノーにおける最大の難敵・・・・それはディープダイバー。
何故ならリップの固定、アイの処理が上手くできない。
ディープダイバーの大きなリップを接着剤で付けると絶対にぶつけた時当に外れる。
リップの角度に個体差がメッチャ出る。

で私、試行錯誤しましたよ。
最初はリップレスミノーみたいなプロト作って、案の定シーバス用ルアーみたいなゆったりした動きしかしなかったり(笑)
で、相当な時間をかけて答えを導き出しました。

「ボディ下半分とリップをソリッドなプラスチックで作る」
一般的な注型樹脂では硬度が足りませんので、お得意の3Dプリンターで作りだします。
で、強度の出るフィラメントを使えば、ほらこの通り

5kg以上の負荷でも折れない鬼リップ(笑)
※あくまでテストですので、製品版でこんなの保証しませんw

アイの位置も違和感なく決まってます。
バルサとかWOODとかで製作をしますと、これが無理。
リップを差し込む余地が無いし、固定が無理。
最新ハンドメイド工法は、デジタル機器も使いながら、またそれと同時に職人のアナログ技を融合さしてこそ進化と言える。・・・かも。
いや、ALLアナログはそれはそれで。
俺は俺で。
個性がないと、アートに非ず。

あ、お写真でわかるように総アワビ貼りでございます。
超美しいっす。
腹のアイはローリングスイベルを仕込んでますので、グネグネローリングイヤイヤファイトのバラシも少しは効果的です。
(防水性を考慮して無負荷でクルクル回るまではいきません。負荷が掛かれば回る位とご理解下さい)

トラウトマニアの方、ぜひ一度お試し下さい。
いや、ブルーギルにでもメバルにでもカマスにでも可能性は無限大です。
GT用ルアーと同じ構造のSUS304ステンレスワイヤー貫通構造です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

納得

どうも~工場長です。
苦節のDEEPプロト、やっと完成しました。
スイムテストも最高の出来栄え。
巻いてる時は一切バランスを崩す事なく、軽いトゥイッチで鬼の平打ち。
テレビで見るような必死のトゥイッチなど必要としませんww
1
雨後の近所の川の小さい堰堤で引きまくり。
水量もイイ感じで、水の押し、巻きも有ってテストに良好。

昔はマブナやハヤの魚群が真っ黒の団子になって泳いでいたり、おおきなカジカがボトムに張り付ていたり、モクズガニがゴソゴソ居たりで生命感が豊かでした。
懐かしの遊び場。
もう40年近く前の事ですが。
現在ではナマズと鯉の2択ですので、3LBじゃ勝負になりません。
オネガイだから釣れないでね・・・と思いながら引きまくり。

いや~いいですよコレ。
経験上釣れる事は120%保証できると思います。
2
今回のプロトはアルミで適当に仕上げた簡易モデル。
総製作時間3時間。
厳密・超精密な設計時間は莫大にかかっておりますが、アナログな仕上げはチョチョイのチョイで御座います。
製品版は、マニアが泣いて喜ぶアワビで仕上げますのでお楽しみに。
あえて、アルミの安いやつなんかも作るかもしれません。

よく潜って、左右の振りがデカくて、Deepなのに軽いトゥイッチでハイレスポンスヒラ打ち。
で、リップ一体設計で高強度。

今回のコンセプトすべてクリアー。

本日より製品化に向けて動きます。
お楽しみに~。

あ、この場所もう直ぐお花見の人で賑わいます。
3
それまでにスイムテスト終わって良かったっす。
恥ずかしいですからwwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

改良バージョン

今日も作業してます。
1
改良バージョンのdeepダイバーが仕上がりましたので近所でスイムテスト。
仕上げも無意味に綺麗です(笑)

多分、めっちゃイイです。
文句無いっす。
だた、自分的にもうチョイ重心を下げたいなあ~。トゥイッチした時に暴れすぎるっぽい。
これはこれで大きな武器になるのですが、万人が使いやすいルアーを作りたいのでほんの少し改良します。
次は無意味にテカテカに仕上げるのやめようっと。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

プロト2号

どうも工場長です。
開発中ミノーまだやってます。
なんでプロトなのに真剣に作るのか・・・まるで無意味なのですが自分の技術向上の布石にもなるかもしれませんので余念が御座いませんw

また、些細な工程の変更で大きく動きが変わったりするのも極小プラグの宿命ですのでそこらへんも踏まえて全行程を施した上でスイムテストを行って製品の合否を決めたりもしております。

1
リップの角度をチョットだけ変更。
ボディをほんの少し太く。
浮力エアチャンバーの追加。

これで、なんとか仕上がってほしいっす。
で、トラウト野郎にも旭日旗捧げておきます。
あんまり派手になりすぎないように何となくカッコよく。
2

こんな感じ。
3
フラッシングすると、日本アワビ独特の奥深い輝き。

うまくいって欲しいっす。
失敗なら多大な時間と鬼のように作った試作品が水の泡w

あ、ソルト関係の釣果も届き始めましたよ!
秘密の・・忘れ去られた釣法で爆発中で御座います。
また後日UPしますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

スイムテスト

どうも工場長です。
本日はスイムテストに行ってまいりました。
え~午前と午後の部の2回・・。

午前の部
17362405_998082226988447_8816226010
鼻息ブーブーで仁淀川源流へ。
絶対の自信があったのでチョイと遠出の片道50km。
結果・・・イマイチ。
トゥイッチとかして無理やり釣る系のダサい動き。
もっとタラ~っと引いてもメッチャ泳いでくれないとハンドメイドにあらず。
で、泣きながら山奥から帰る(笑)

午後の部。
原因は・・・・多分リップの角度と予想。
ヒートガンでリップ部分を炙ってほんのチョットだけ立てる。
で・・・きました!
キテマス!

2回目は夕方になったので、近所の河川敷の公園。
散歩の年寄りとか、遊んでいるお子様達に声をかけられるので嫌なんですけどw
「何が釣れるんですか?」
昔はどうだこうだ・・・とかw

釣ってないって。テストしてるだけ。
で、この左右への振りのデカさどうでしょう。
ヒラリー50SSをベースにしてますので、その鬼のようなアクションもバッチリ継承できました。
同じような動きで更に深みをエグれます。

いいのが出来そうです。
仕様が少し変わったので、プロトをもう一回作って・・・その次は製品版かなぁ~。
なんて予定してます。

マニアの方、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

試作完了

はいどうも!工場長です。
一部のマニアの方々に捧げる源流ミノーの試作品できました。
1
どうよこれ。
めちゃイイ事ないですか?もっとやれますが、趣味レベルになってしまいますのでこれ位でちょうどいいような気がします。
十分綺麗だし、マジ釣れそう。
リップの色は銀か、クロどっちにしようか悩んだあげくとりあえず黒。
まあ、リップの色をターゲットが見切ってくるとは思えませんしw
で、予定では5g・・・
2
どう!この誤差の無さ。0.04gの世界w
まあ、大事なのはダイナミックバランス。些細な自重は影響無いんですけどね。

バスクリンの残り湯ですみません。
アイ調整なしで、このアクションで御座います。
個体差を無くす為の設計。
調整を、無用にする為の設計。
出来たような気がします。

小さくて重いので、最近流行りのベイト渓流なんかにも良いと思います。
(スプリットリングと#10フック装着で5.35gになります)
勿論、主流派のスピニングの方はもっと飛びます。

次はコイツを激流に投入してテストしてみます。
それでOKなら即生産に入ります。

一部のマニアの方!ご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

開発中

どうも!工場長です。
先日の販売日、沢山のお買い上げ誠に有りがとうございました~。ヒーヒー言いながら梱包して発送。
既にお手元に届いているかと思います。
これからの春シーズンに是非ともご活用下さいね。

心より感謝申し上げます。

タップリ作っておりましたので、まだ在庫okで御座います。
ごゆっくりご検討して頂いて、是非とも一度お試しください。

アジトオンラインショップ
http://e-shop-azt.ocnk.net/ 
スマホにも対応しております。
勿論、クレジット決済okです。

で、海用の在庫は十分ではありませんがチョロチョロっとできたような気がしますので春と言えば山用。
トラウト用ミノーの開発始めました。
ネイティブ狙いのトラウトマンって、絶対的人口が少ないので商売としては正直辛い(笑)
しかし、自分がその分野の人間なので自分が欲しいと思うルアーを作りたいんですわW
今となっては自分が作ったルアーだけで、僕のメインフィールドはカバーできます。しかし、日々進化する事を忘れたら職人として終わりっす。

で去年の試作品・プロト1号適当仕上げ(製品版はヒラリー50SS)。実際これ爆発的に釣れてこれ以上のミノーって要るんか!って感じなんですが・・・・
ディープダイバーってどうなん。
腹をローリングスイベル仕様にしたらイイやんとか色々と妄想。
2
ん~それとミノー制作の最大限に誤差が発生する場所・・・それはリップ。
後付けの宿命。微妙に角度が違う。微妙にねじれてる。微妙に位置が違う。
微妙なんです。
ちょっとでも狂うと全然泳がない。
という事で、それをアイ調整で補います。それでもおかしい奴はリップを付け直したりで3度手間なんですよ。

更にリップを強打すると外れたり折れたりする事も宿命。

じゃあ、そうならないヤツを作ろうじゃないのよ。
大体、後で付けるからダメなのだ。
1
で、設計。
ボディとリップは一体で作ったらいい。常に同じ角度で同じ長さで誤差もほとんどない。
これからの職人はデジタルとアナログの集大成。アナログの技術あってこその技ですが。
4
いきなりここまで進んでますが、スイムテストも含めてトライ&エラーそうとうやってます。
素材も強度と浮力を両立させる為に2種類の樹脂と非常に特殊な構造を用いて制作しております。
奇抜で新しいコンセプトの構造なのですが、それは秘密ですw
Newコンセプトのルアーも色々を作ってリリースしてきましたが、大手に即パクられるしw

今回は、ベーシックな外見に新しい構造・工法。これで行こう。
個人的に絶対的に貝が釣れるなんて思ってませんが、美しいので貝貼り。
3
やっぱ、ハンドメイドトラウトルアーには貝でしょうか。
イイ。かっこイイ。
飛距離を出す為にリップは水平。
風の抵抗軽減やん。(妄想)
あ、予定どうり腹にはヨリ戻し仕込んでますのでクルクル回ります。
GT用ルアーと同じ構造にしてますんで、貫通ワイヤーが通ってますから抜けるなんて事はありません(笑)

ボディ単体では53mm。自重は5gを予定。
こんなんで、飛ばないなんて事はありませんけど。

マニアの方々、ご期待下さいませ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

2016トラウト 禁漁寸前

どうも~工場長です。
あっと言う間に秋やんけ・・・。
秋言うたらトラウト禁漁やんけワレ・・・。
9月30日で終了やんけ・・・。ワレ。

という事で、大雨の源流域で非常に危険で、大増水してるので釣れる気もしないのに行ってきました。
2
家を出た段階で、ウェーダー&まともなカッパ着てますので雨で濡れるのは全く苦になりません。というか雨にバイク・・という時点で普通ならアウトですがw
車も持ってないわけじゃないんですよww

試練は多い方が楽しい。
死ぬ確率があるからドキドキする。そんな人なんでいつもこのスタイルです。
1
石鎚山はすっかり秋。
非常に気持ちいい・・・んでしょうね、晴れてたら。
0
はい、想像どうり大増水。
比較的高低差の少ない渓に入ったんですが、アマゴの居場所無しって感じです。どこも激流。
大きな淵もジャクジ―状態です。
3
それでも、ALL俺様ルアーでなんとか数匹と出会えました。
これは、
Mercy53S Heavy http://e-shop-azt.ocnk.net/product/529 にて捕獲。

その数匹はもちろんALLリリース。
また逃がしてやるから来年も俺に釣られておくれ。
アディオス!2016年の渓流(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

スイムテスト

どうも~開発に余念がない工場長です。
Ziggy75と50mmヒラヒラ系の重いバージョンの試作品が出来ましたの本流でスイムテストしてきましたよ。
Asset3

写真上のZiggy75(目玉は製品版では付きますんで・・)は結局仕上がりは12gとなりました。
かなりダイナミックな動きを発揮致しますのご覧くださいよ~。
フックもフロントがST46の#6まで装着可能ですのでかなりの大型魚対応可能っす。
リアも#8まで背負えます。
(フロントもリアもフックが小さい程アクションは大きくなります)

ヒラヒラ系のシャローミノーですが、2.8gと3.8gの2バージョン作ってみましたが3.8gの素晴らしさに・・・・感激。ヒデキ感激!
激流も全然OK。
見た目もスーパー凄いですが、泳ぎもスーパー凄いっす。
即、製品化に動きますよ。あ、この50mmは前後#10フックでドンピシャ。

期待して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧