« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月27日 (木)

原点

どうも!工場長です。
先日はトラウトルアーを皆様にご購入して頂き感謝申し上げます。
GW以降はミノーイングが楽しくなる季節がきますので是非ともご活用下さいね~。

小型ルアーもボチボチ在庫。
大型ソルトルアーも少々在庫。
アジトと言えば本来メタルジグ・・・・これが一個も無し。
スンマセン。

そう、私のプロデビューはメタルジグ。
これを忘れたら、自分を否定する事。

山のような実績を発揮してきたメタルジグを作らねば。
1
「ショアジギング」 ジグを使う事がメインだったからこう呼ばれてました。

GT用ロッドを流用する時代から長年やってる玄人さんは、メタルジグこそが一番釣れる事をやっぱり知ってる訳で・・・。
という事で、アジトの「釣れるメタルジグ」急いで作ってます。

高活性な時は、様々なルアーとメソッドで釣れる。
そうじゃない時は、基本に戻る。

セミロングでイージーキャスティングなセミロング170mm
EL Dorado 95g
http://e-shop-azt.ocnk.net/product/435

ショートスライドでカケアガリを効率よく攻められます。
(大きく動きすぎない事がポイントで、タイトに更にあらゆるピッチで誘う事ができます)

スーパーロングシリーズのチューニングモデル

EL Dorado SS120 230mm 120g
http://e-shop-azt.ocnk.net/product/523

キャスティング出来る数少ないロングジグ。
ド派手アクションからタダ巻きまで幅広く演出可能です。
プラグマニアもからも絶賛されるスーパーロングジグ。
投げ易く、そして疲れず、そしてやたらと釣れる。

上記2機種を制作中で御座います。
なんか久しぶりにジグを作ると、昔を思い出します。
鉛の溶ける匂い、汗、毒、削った粉塵・・・・・特殊な人には懐かしいwww

最近のオフショア用をショアに流用してがっかりしている方々!
剥げません。
投げられます。
しんどくありません。
中国製じゃありません。
綺麗です。
そして釣れます。

少々お待ち下さいませ。
絶賛生産中。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

完成!トラウトマンに捧げます

どうも~工場長です。
GWに間に合うように作ってました、当工房自慢の新製品
Mdlogo
Md2
ヒラリー50MD ミディアムディープ 完成しました!
最終スイム調整も完了しましてスタンバイOKで御座います。

詳細スペック当はオンラインショップにてご確認いただけます。
http://e-shop-azt.ocnk.net/product/537

最新技術と真っ直ぐな職人アナログ技の融合を貴方にも是非。
浮力と圧倒的強度、そして美しさ、趣き、そして価値。
それを全て満たしてくれるかもしれません。プラスαは・・・現物を手にした方のみお楽しみ頂けるかと思われます。

スイミング、ヒラ打ちレスポンス、潜行域、フォール姿勢、様々な部分を実践経験をフィードバックさせた源流アップクロスミノー。
これ以上引き抵抗があると面白くない。
バカみたいにトゥイッチするのはどうなんだ?
ハンドメイドのディープダイバーはリップの強度が懐疑的?

その答えがコイツかも知れませんよ。

是非とも、今季のストリームプラッギングのメインウエポンとしてお使い下さい。

発売は

4月23日(日曜日) 21:00~
当店オンラインショップ http://e-shop-azt.ocnk.net/
商品ページ        http://e-shop-azt.ocnk.net/product/537

にて一斉発売致します。
お時間が合う方はお早めにどうぞ~。

下記にカラーラインナップも掲載しておきます。
お気に入りのアリマスか?スンゴイ塗装やってます。
Color1
Color2
Color3
コレクターの方にもお勧めで~~~す。
お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

最終調整中

1
Hillary50MD ありえんテカテカに仕上がりました。
現在スイミングのチェック&調整中です。

50mm 5.0g イケイケヘビーウエイトモデル

日曜か月曜に販売できるように進めてます。
マニアの方、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

hillary50MD

お世話になります、工場長で御座います。
すっかり春も深まって参りました!そして全国的に桜も終わっちゃいましたね~。
北国方はまだまだ春は先でしょうか~。

春と言えば渓流解禁。
初春はやっぱりスプーンとかスピナーとかで静の釣り。
で、これからは随分と水温も上昇してきますのでストリームプラッギングでマッシブに攻めていきましょうね~。

渓流って難しいようですが、良いルアーを使えば嘘みたいにガンガン釣れるんすよ。合ってないルアーだとビックリするほど釣れないとも言いますがw
で、渓流マニアの末端のワタクシが作るミノーなんて如何でしょうか。

昨年リリースしたHillary50ss(シャロースイマー)のミデアムディープバージョンHillary50MDもう直ぐできます。
2
1
全体的なシルエットはSS(シャロースイマー)を継承しております。
だって、あのミノー超絶に・・・・に釣れるしねw
作った自分も惚れ込んで愛用しております。
今回はその類稀なアクションを継承しつつ、より深みを攻略する為に改良を加えました。

ハンドメイドミノーにおける最大の難敵・・・・それはディープダイバー。
何故ならリップの固定、アイの処理が上手くできない。
ディープダイバーの大きなリップを接着剤で付けると絶対にぶつけた時当に外れる。
リップの角度に個体差がメッチャ出る。

で私、試行錯誤しましたよ。
最初はリップレスミノーみたいなプロト作って、案の定シーバス用ルアーみたいなゆったりした動きしかしなかったり(笑)
で、相当な時間をかけて答えを導き出しました。

「ボディ下半分とリップをソリッドなプラスチックで作る」
一般的な注型樹脂では硬度が足りませんので、お得意の3Dプリンターで作りだします。
で、強度の出るフィラメントを使えば、ほらこの通り

5kg以上の負荷でも折れない鬼リップ(笑)
※あくまでテストですので、製品版でこんなの保証しませんw

アイの位置も違和感なく決まってます。
バルサとかWOODとかで製作をしますと、これが無理。
リップを差し込む余地が無いし、固定が無理。
最新ハンドメイド工法は、デジタル機器も使いながら、またそれと同時に職人のアナログ技を融合さしてこそ進化と言える。・・・かも。
いや、ALLアナログはそれはそれで。
俺は俺で。
個性がないと、アートに非ず。

あ、お写真でわかるように総アワビ貼りでございます。
超美しいっす。
腹のアイはローリングスイベルを仕込んでますので、グネグネローリングイヤイヤファイトのバラシも少しは効果的です。
(防水性を考慮して無負荷でクルクル回るまではいきません。負荷が掛かれば回る位とご理解下さい)

トラウトマニアの方、ぜひ一度お試し下さい。
いや、ブルーギルにでもメバルにでもカマスにでも可能性は無限大です。
GT用ルアーと同じ構造のSUS304ステンレスワイヤー貫通構造です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

プラグ名人お勧めジグ(笑)

チームCPSの越智君より

またエエ鰤やってます!
「魚は食い渋り、隣ではジグの名手がしゃくる厳しい状況でスーパーロングにガッツーン!9キロ超えと75のハマチが釣れました」
1
2
これまた太い。デカいけど、体高もあってブリブリですね~。
ジグ名人もコレ使てたら・・・・(笑)
ハンドメイドで希少なメタルジグですので、あんまり持ってる人居ないかも。
しかもその工房の主はトラウトルアーで忙しいっちゅうのww

小さいミノーの制作が終わったら即作りますので、気になる方・・・そして誰も釣れない春のショアブリを確実に釣りたい方!一度使ってみませんか?

見えなくても確実に伝わってくるインフォメーションと、操作感。
そして鬼の実績、繊細な仕上げ。
230mmのスーパーロングショアジギングの釣れるアルゴリズムをマスターすれば貴方の世界は確実に広がります。
是非どうぞ。・・・現在欠品ナウ・・・・・少量で突貫工事で頑張ります。w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

超忙しです

どうも~工場長で御座います。
孤高?孤独なルアービルダーなワタクシですが、最近超多忙です。
ルアーを沢山作りたい。
使ってもらいたい。
そんな気持ちは「真っ直ぐ一直線」でブレておりません。
が、しかし体があと2個位欲しいっす。
一日が50時間位あればいいのにと思ったりもしてます。

余裕で真っ白な気持ちじゃないと良い創作活動ができません。
余裕になる為に更に色んなチャレンジや勉強をしたり、試行錯誤を続けております。たぶん、売れっ子ルアービルダーの末端位?には居るような気がしますが、それも必死スギで色々とアレなんですよ(笑)

と・・・まあ、プライベートな話題はFacebookでバレバレという事でwww

さて、本業、正業、俺の生き様ルアービルディングのお話
桜満開っすよね~
山間部はまだまだまこれから。
源流、渓流のトラウトのミノーイングはもうちょっと後ですかね。
そんな極一部のマニアに捧げるアップクロスDeepダイバーボチボチ進んでおります。
3
5
鬼のように塗り込んでから~~の、日本アワビで包み込む作業やってます。
このアワビはコーティングするとスケスケになりますので一番上の試作品みたいエロスなヤバスな輝きをしますよ。
透ける色と、アワビの上から塗る色を絶妙に使い分ける事によって「アジトワールド?」に思わず吸い込まれてしまうかも・・・しれません。
スンゴイ手間かけてますので、お値段もボチボチしてしいますがコレクションにも耐えうるクオリティですのでここは一つ【大人買い】でお願いします。(夢のような希望w)

更に、開発中のNewコンセプトダイビングペンシル「オンドリ」

小粒ボディ(150mm)に鬼の波動。
デカいS字を封じてブリブリ動かす。
普通のダイペンパターンが通じない時の押さえ。

こんなコンセプト。
普通の動きのダイペン・・・・多いっすよね。
もう飽和状態ですよ。あ、ここは是非ともQuattoroDiver SL190㎜一択でお願いしますwメッチャ釣れるし。ショアマンには特にお勧めしときます。
いや、ワールドワイドにコレ一択という事でお願いしますw

派手に誘っても出ない。
ポッパー程の音は要らない。
シンペンは苦手。
ジグは違う気がする・・。

そんな時はコレ。
釣れない状況を一気に打破する秘密兵器。
流体力学、カルマン渦を応用したアジト研究所の科学力。(嘘)
デジタル設計でミニチュアプロトを何本作った事やら。
そして導き出した答えが超特殊形状。

で、この見た事もない変わったペンシルを北海道のAプロに託して更にテスト場所は「五島列島」・・・。
何ちゅうスケールのデカさ!恐れ入ります。
で厳しい状況を打破したのはやっぱりこの特殊ルアーでした。
1
2
五島列島のヒラマサ。
いや~誠にスバラシイ。

信じて使って頂いて本当に有難う御座います。
ルアーの大きさ・重さを超越した飛距離。
そて独特の地味なようで波動モリモリのアクション。

「唯一無二」

今の所ねw
釣り業界はパクってナンボ、パクって上等みたいな世界っすから。
いやはや・・・アレですわ。

という事で、遊んでいるようで必死な工場長からのお知らせでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

ショア青物ゲーム 実は釣れてます

テスター越智君より(チームCPS)

根っからのプラグ野郎の彼ですが、春パターンはやっぱり亜侍闘のスーパーロングジグ。
トップでも釣れない事はないが、4キロクラスの中型ばかり。

春=ブリの産卵時期。
産卵を意識するような大型魚はボトムに張り付く。
本来は基本中の基本なのですが、昨今のビッグプラグブームでメタルジグのスローパターンみんな忘れてるようです。

このパターンを制するにはタダ巻きで泳ぎ、しかもステイ時間がゆったりと取れて、フワッとしたジャークでフワッとスライドするイイ感じのロングなメタルジグが必須。
しかも超重要なのが・・・・・「投げられる」事。
オフショア用のロングジグをキャストした時の残念感ったらありゃしないw
大きくスライドさせる事を意識したジグが多いのでフロント重心気味のが多くデカいだけで全然飛距離が出ないのです。50mも飛ばないとか普通。

そんな残念感一切なしのアジトの
EL Dorado SL140
EL Dorado SS120
を使いこなす越智テスターの最近の釣果をどうぞ
1
3
2_2
4
5
スバラシイです。
9kgオーバーのブリクラスゴロゴロ釣れております。

ボトムから10m位までをデカいジグでタダ巻きを交えてユックリ攻める。
ブリ系の春の基本。
ヒラマサの産卵期はもっと暖かくなってからなので、ジグパターンはもっと後。

基本を踏まえて貴方のフィールドに挑んでみて下さいね~~。

よっし!そんなにお前のジグが釣れるんなら、アジトのロングジグで挑戦だ!
っと思って頂けた方・・・・・。
スンマセン売り切れてます。
トラウト用の5cmのミノー作ってます。

手工業なので、どれもこれも出来ません。
当工房は、もとはと言えばジグ作りからスタートしたルアー工房。
材料も有るので急いで作ろうかな・・・。

ショアゲームは昔はショアジギングと言われたジグが主体のゲーム。
釣り方の選択肢は道具の多様化によって色々と増えましたけど、基本を忘れたらダメっすね。
あ~誰かにウチのロングジグ使ってもらいたいなあ。
投げ易い120SS/230mmだけでもどうでしょうか・・・・。なんてトラウトルアーの超細かい仕事をしながら思案中です。

チョットだけお楽しみに!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »