« 美味しいやつ | トップページ | こんなんやってマッスル »

2016年5月14日 (土)

リールの小話

どうも~毎度お世話になります、工場長です。
相変わらずソルト系、トラウト系在庫ほぼ無し・・・継続中です。
さぼりまくってる訳ではなく、うつ病になりそうな位工房に引きこもりましてエンドレスな作業を続けておりますよw

色々と小ネタはあるのですが、今日はリールの小ネタ。

最近忙しくて、自分のライフワークである渓流釣りに全然行けてません。
釣って食わない事が一番の自然保護。
だから行く回数を意図的に減らしているとも言います。ホンマかいな。w

でも色々と妄想しちゃうんですよ。
新しいリール欲しいなあ~っとか。
竿は小さく収納できたら、渓流なんてぶっちゃけ何でもいい。(小売業やってる時代なら絶対言わないセリフですけど)
リールは壊れなくて、軽かったらそれでいい。
渓流のトラウトなんて高負荷でハンドルが回せないぜ!とかドラグが焼けてロックするぜ!なんて事は無いから高性能な機能は要らない。

こんな事言うとアレですが、日本の家電や釣り具は「基本」を見失っているような気がするんっすよ。
高性能の押し売りは要らんねん。
基本をシッカリと確実に、当たり前にやってくれたらイイのだ。
ガンダムが年々とトゲトゲになるように、なんか後付けの性能とベアリングがいっぱい付いてて・・・トゲトゲやねん。

道具は進化、されど魚は進化せんっちゅうの。
乱獲防止して圧倒的に楽しく釣れる環境作りしたほうが賢いと思われます。

そんなこんなで、コレ買ってみました。
0
1
PENN バトル2 1000番 手乗りサイズ。日本でいうと2000番位かなあ。
自重が220g程なんで、まあボチボチ軽いレベルです。
日本では取り扱いの無い番手なんでUSAに注文。
お値段は送料込みで80ドル位。9000円位です。
便利な時代になったなあ~。ワンクリックで注文できて10日程で届きます。

ベアリングは5個。必要にして十分。
ベアリングが少ない=トラブルになる要因が少ないって事。
で、ここからが大事。
PENNは使用前にオーバーホール。
2
ダメなグリスじゃないんですが、このPENNの青いグリスって塗りすぎのモリモリのベトベトでアカンのです。
3
はい、各部の調整をしながら日本製のマル秘グリスとオイルを適材適所に塗布して組み上げます。これで耐久性、フィーリング大幅UP。
まあ、PENNも昔みたいに粗野なマッチョマン専用みたいなフィーリングではないですけどね。www
国産リールと大差はありません。
でも構造がイイ。
シンプル・イズ・ベスト。
メインとピニオンとオシュレートのギヤのみ。これがイイ。
5
ハンドルも国産リールっぽい。
ノブにベアリングは無いっすけどね。砂とか塩が入る部分なんで無いほうが良かったりもするとも言う。
で、・・・
4
友人に貰った銘木 カリブ松(肥松) 松の大木の中心部を数十年乾燥させてもの。現在原木伐採禁止。
ようはマツヤニの塊りのような超防水の木。
6
これを旋盤とナイフで削って・・・すんげん松の油で道具が大変な事に・・。
で、
7
ウホッ!流石に希少な銘木!お香のようなイイ香りもします。
ニスとか一切塗らなくてもこのシットリ感。
8
イイ。
自分が手を加えると愛着がわいてくる。取って付けたような嫌らしい感じもないね~。
9
右から、ミッチェル308プリンス、カーディナル3Eオリジナルカスタム、そしてPENNバトル2。
随分と普通のリールになったなあ~。ww
一番安いけど、一番調子がいいのはPENNっぽいw

3LBのフロロでも巻いとこっと。PEでもエエかなあ~。現代のリールやしね。
調子が良かったらもう一台買おうかな。
予備スプールと予備ボディに・・・。安いっすからね。トルザイトリングのガイド一個よりもリール一台のほうが安い(笑)
どうかしてるぜ!

|

« 美味しいやつ | トップページ | こんなんやってマッスル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194757/63627821

この記事へのトラックバック一覧です: リールの小話:

« 美味しいやつ | トップページ | こんなんやってマッスル »